江戸中期・享保18年(1733)初代新八は、現在の須坂市穀町で穀物、菜種油、煙草、綿、酒造業などの商売を始めました。

代々須坂藩の御用達を勤めるとともに、名字帯刀を許される大地主へと成長、3代と5代は幕末には士分として藩の財政に関わる重責も果たし、その財力は須坂藩をも上回る北信濃屈指の豪商となりました。

当時の面影を伝える屋敷構えは、約100m四方を20の土蔵が取り囲む豪壮なもので、内部には天明年間(1780年代)作庭の池泉廻遊式庭園のほか、客殿や主家などの建物が軒をつらねており、四季折々の散策が楽しめます。

二代新十郎信房
二代新十郎信房


田中家の基盤を確立した2代新十朗が定めた家訓家定書全6巻

この土蔵には、江戸中期から昭和までの田中家代々の生活に使用された品々「衣裳、漆器、陶磁器、玩具、文書…」が大変よい状態で残されており、その質と量の豊富さから近世の正倉院ともいわれ、土蔵5棟を改装した展示館では常設展のほか、年5回の企画展も行っております。

<田中本家博物館 役員>

理事:水野洋三 小坂保司 小坂秀一 武田修 桃澤匡行 田中洋子 田中宏和

Welcome to Tanaka Honke Museum

Tanaka Honke, the old merchant family originated during the middle of the Edo period(1733), keeps a large number of cultural inheritances which impart Japanese traditional life style to us of today.
The premises (approx. 10,000sq meters) include a beautiful Japanese style garden and 5 clayey store - houses which are used as galleries. In those galleries, pottery, lacquer ware, bridal costumes, paintings, toys and other articles handed down from generation to generation are on display. The museum also introduces food culture of the Edo period and the tradition of wedding.
This Museum plays a role to transmit Japanese traditional life styles and culture from Modern Ages onward and a great part of our collection is still under investigation.

豪商の館 田中本家とは

2016年の企画展一覧

2016年1月6日~2016年2月7日

正月の遊具展

[終了しました]

2016年2月11日~2016年4月11日

かめちゃん おつるさんのひな祭り

[終了しました]

2016年4月15日~2016年6月5日

豪商の刀剣

[終了しました]

2016年6月11日~2016年7月18日

特別展「高円宮コレクション・根付 手のひらの小宇宙」

[終了しました]

過去の企画展

田中本家の四季ギャラリー