カテゴリー:企画展

2016年4月17日

伝来の刀剣を公開! 「豪商の刀剣」始まりました。

豪商 田中本家が江戸時代より伝えてきた刀、脇差、短刀、
拵えや殿様拝領の武具などを展示しています。
また、須坂市の個人所蔵家のご協力により、鎧兜、槍、
須坂藩主「堀直虎」が所有といわれる当時、最新鋭だった十二連発銃も
展示しています。

「豪商の刀剣」  開催中 ~6月5日(日)まで


IMG_2725.JPG

DSC_4891 (2).JPG

2016年3月16日

4月11日まで!「かめちゃん おつるさんのひな祭り」 開催中

豪商田中本家が代々伝えてきた江戸、明治、大正、昭和の
ひな人形や雛道具 約250点を展示するおひな様の展示を開催しています。

「かめちゃん おつるさんのひな祭り」では、
明治時代の着せ替え人形の姉弟「かめちゃん おつるさん」
おもしろ、おかしく、お雛様を案内するという内容です。

いたずら好きなかめちゃん、田中本家に詳しいおつるさんのボケとツッコみ
コンビがどんな風に案内していくれるのか、楽しんで下さい。

かめちゃんおつるさんを着せ替えして記念撮影できるコーナーも設けてあります。
是非、いっしょに写真を撮って行って下さい。

会期     ~4月11日(月)
開館時間  9:30~16:30(4月~ 9:00~17:00)  
会期中   無休
入館料   大人 750円 高校生350円 (中学生以下無料)

かめちゃんおつるさん チラシ表.jpg

かめちゃんおつるさん チラシ裏.jpg

2015年8月13日

お盆は、Enjoyplay親孝行!  「二十四孝の不思議な世界」開催中

皆様お盆休みはいかがお過ごしですか?親孝行してますか?

田中本家博物館では、中国の24人の親孝行に優れた人物の物語「二十四孝」にまつわる作品を
展示しています。 

20150722090035_00001 (3).jpg

この「二十四孝」はどれも奇抜な親孝行ばかり、
その親孝行を楽しんでいるとしか思えない彼らの話から「Enjoyplay親孝行」というタイトルにしてみました。

庭園では、カルガモ親子の親孝行の姿も見られるはず。皆様のご来館お待ちしております。

20150722085823_00001.jpg

2015年4月 5日

善光寺御開帳記念!秘蔵の古文書特別公開中

IMG_0747.JPG

4月5日(日)より、7年に1度 善光寺の「前立本尊」が参拝できる善光寺御開帳が始まりました。

田中本家博物館では、善光寺御開帳を記念して、

天保3年(1832) 田中本家3代目の左治馬が、善光寺御開帳を参拝したときのこと
を書き記した古文書を特別に公開しています。

この古文書をみると、当時は御開帳が7年に1度ではなく不定期だったことや
門前町の賑わいなど、私たちの知らない当時の善光寺御開帳の姿を
知ることができます。

善光寺御開帳をより楽しむ一助にしていただければと思います。

公開期間: ~6月1日(月)まで 

2015年3月15日

北陸新幹線 飯山駅開業応援! 高橋まゆみ「うさぎびな」特別展示中

北陸新幹線延伸にともない、長野県に新しい駅が誕生しました。
北陸新幹線「飯山駅」です。

飯山は長野県を代表する人形作家 高橋まゆみさんの出身地です。

高橋まゆみさんと言えば、ご存知の方も多いと思いますが、
おじいちゃんやおばあちゃんの創作人形で知られる人形作家です。
誰もが親しみを感じる人形たちの表情や織りなす日本の風景は多くの人々の
感動をよび、現在は地元飯山市に「高橋まゆみ人形館」http://www.ningyoukan.net/も作られました。ここはおすすめですよ。

県外のお客様の受け入れる窓口のひとつになった飯山駅を応援する気持ちを込めて、
田中本家博物館では、高橋まゆみ作「うさぎびな」を6月1日まで特別に公開しています。

こちらも微笑んでしまう愛くるしい笑顔の兎の内裏雛と3人官女のひな人形です。
是非、近くでその表情をのぞいてみて下さい。
IMG_0749.JPG

2015年2月21日

GIRLS FESTIVAL 豪商田中本家のひな祭り 本日よりスタート!

2015 雛チラシjpg画像.jpg
いよいよ本日より 豪商の館田中本家博物館で最も人気のあるお雛様の展示が始まります。

田中本家の女児の初節句に飾られた江戸、明治、大正、昭和のひな人形250点を展示します。

能面をおもわせる表情が特徴の江戸時代の「享保雛」
江戸で1番とうたわれた人形師「原舟月」作と伝わる「若殿様子供行列」
内裏雛だけでも5組もある明治時代の豪華な壇飾り
小さくても精巧な作りの大正時代の小型雛

など色々な雛人形がお迎えしてくれます。

また今回は、昔の着せ替え人形「市松人形」をたくさんだしています。こんなに持っている
ところはそうないと思いますよ。明治・大正時代の子供の着物などもたくさん展示しました。

それから、長野県は飯山出身の人形作家 高橋まゆみさんの創作雛人形(個人蔵)も
北陸新幹線 飯山駅開通を記念して特別に展示中。かわいらしいお雛様を見に来て下さい。

長野県の春は須坂の田中本家博物館から!

会期  2015年2月21日(土)~6月1日(月)
休館日 会期中は無休
入館料 大人750円  ※会期中は、中学生以下無料
開館時間  ~3月 9:30-16:30  4月~ 9:00~17:00

2014年11月21日

「江戸の食事」がテーマの特別展「江戸の食と豪商の器」 開催中 (入館料1000円)


edonosyoku ura (3).jpg

秋の特別展料金: 大人1000円・中高生350円・小学生250円(団体割引あり)
営業時間: AM9:00~PM5:00(入館は閉館30分前まで)     ※12月~ AM10:00~PM3:30
10月・11月は無休(通常は毎週火曜日休館)

徳川幕府の中でもっとも小さい1万石の小藩 須坂藩。
須坂藩に仕え、様々なお客様をもてなしてきた豪商田中本家には、おもてなし料理の数々を記した献立帳が古文書として残されています。そこには、江戸から離れた長野県の須坂に、江戸にも劣らない豊かな食文化があったことが記されていました。

本展では、江戸時代のご接待料理の再現写真と、当時、お客様をもてなした陶磁器、漆器の数々を展示することで
江戸の人々がどのようなものを食べていたかご覧いただける企画展となっています。

2013年 ユネスコの無形文化遺産に「和食」が登録されました。日本のすぐれた文化である「和食」をこの機会に知る
きっかけにしてはいかがでしょうか。


また、10月には江戸時代の食文化にふれいたいただけるイベントもあります。参加者募集中です

①江戸時代の再現料理を食べてみたい方
edoryouri saigen1.jpg

②ちょっとおしゃれに江戸時代の器を楽しみたい方
furansuryouri 1.jpg

2012年9月14日

本日より田中本家博物館名品選 ~大切にしてきたこころともの~始まりました!

本日より、

秋の企画展「田中本家博物館 名品選 大切にしてきた こころ と もの」

が始まりました。

今回は、3万点もある田中本家博物館の所蔵品の中から、

陶磁器、漆器、刀剣、玩具、衣裳などの各ジャンルから選りすぐりの美術品を展示しています。

ものを大切にするこころを守り伝えてきた田中家ならではの名品展となっています。


展示作品としては、

◎婚礼衣装を、各時代の婚礼衣裳を1ヶ月ごとに交代で展示します。

9月  江戸時代 朱色に松竹梅鶴亀の打掛
10月 明治時代 貝合せの振袖
11月 大正時代 白地に鳳凰の打掛


◎陶磁器では、開運なんでも鑑定団で中島誠之助先生に鑑定してもらった「青井戸茶碗」

◎3月の雛人形の時期にしか公開しない江戸時代の雛人形 「若殿様子供行列」も展示いたします。

など
オールスター総出演なので見ごたえのある展示だと思います。

みなさまのご来館お待ちしております。

kenzan sara.jpg
尾形乾山・光琳の角皿

edo uchikake.jpg
江戸時代の婚礼衣裳(9月限定公開)

2012年4月13日

本日より 歌川国芳「木曽街道六十九次」前期の公開がはじまりました。

4月13日(金)より 歌川国芳「木曽街道六十九次」~物語でめぐる江戸の旅~

が始まりました。

浮世絵師 歌川国芳が描いた浮世絵の連作「木曽街道六十九次」全71作品を前期(36点)・後期(35点)に分けて公開します。

「木曽街道六十九次」は、中山道の宿場名の語呂にかけて、物語の一場面を描くという
ダジャレ謎解き(全てではないですが)になっているところが面白いです。

また、浮世絵とともに江戸時代の旅を想像してもらえるよう田中家に所蔵されている旅装束、旅道具。
携帯用燭台、印籠なども展示しています。

 前期: 4月13日(金)~5月15(火)  日本橋~薮原
 後期: 5月16日(水)~6月11日(月) 宮の越~京都

kisokaidou nihonbasi.jpg

2012年2月10日

「豪商田中本家のひな祭り」展がはじまりました。

本日 2月10日(金)より

「豪商田中本家のひな祭り」展が始まりました。

豪商田中本家には、代々の女児の初節句に飾られてきた雛人形250点余りが残されています。

江戸時代の享保雛、

江戸随一の人形師「原舟月」作成の「若殿様子供行列」

明治時代の豪華な七壇飾りや五壇飾り

幼児ほどもある当時の着せ替え人形「市松人形」

大正時代の雛壇飾りの「紫宸殿」

昭和の雛壇飾り

と各世代の様々な雛人形が楽しめます。


また、今回だけの特別展示として、長野県を代表する人形作家 高橋まゆみさんが制作した

創作雛人形7点も展示しています。 

犬や猫のおひなさま、酔っ払った内裏雛、福助の雛人形、うさぎの雛人形など

見ていて楽しい雛人形が飾られています。

是非 見に来て下さい。


日時: 2012年2月10日(金)~4月9日(月)

     2月~3月 9:30~16:30(最終入場 16:00)
     4月~    9:00~17:00

休館日: 会期中は無休

入館料:大人700円 高校生350円  
     ※本展にかぎり、中学生以下無料

mayumi hina2011.jpg
うさぎのおひなさま (高橋まゆみ 2011年制作) 

Page 2 of 3

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー