カテゴリー:イベント

2019年6月17日

和カフェ「沙羅」スイーツ情報

期間限定の和カフェ「沙羅」がオープンしました!
中庭の樹齢230年の沙羅の花も満開を迎えております!

今回は何と言ってもお楽しみの、スイーツ情報をお届けします。
今年は和菓子と洋菓子の2種類、どちらも地元須坂のお菓子屋さんが
カフェ「沙羅」のために趣向を凝らして作ってくださった特別なお菓子です。

まずは、和菓子から コモリ餅店さん特製
冷菓「沙羅」
です。
DSC_0435.jpg 冷菓沙羅.jpg
爽やかなレモン風味のみぞれ羹に、
珍しいラムネ風味の餡が入っています。羊羹で水面に浮かぶ沙羅の花が表現されています。
見た目も涼しげで赤い金魚も可愛らしいですね。

洋菓子は、TEMO.jp atelier shopさん特製
生カップケーキ「沙羅の花」
です。
DSC_0391.カップケーキ沙羅の花小jpg.jpg
シフォンケーキに特製ブレンドの生クリームをたっぷり絞り、
中にはカシスピューレが入っています。
生クリームの上には、オリジナルバタークリームで作った沙羅の花が
あしらわれています。
純白の沙羅にぴったりのケーキですね。

どちらのお菓子もお飲物(ホットorアイス コーヒー、お抹茶)
とのセットのみのご提供で800円(税込)
です。

沙羅の花も大変見頃となっています。
ぜひ、お花を愛でながら心のこもった特別なスイーツを味わいにおいでください。

2019年6月13日

期間限定 和カフェ「沙羅」がオープンします

前回のお庭だよりでご紹介した樹齢230年の沙羅の花が見ごろを迎えています。
小さな愛らしい花を見に来て下さるお客様も増えていますよ。
今回は、沙羅の花の時期に合わせた期間限定のカフェ「沙羅」のご紹介です。

いよいよ6/15(土)より、下記の日程でオープンします。
会場は、普段は公開していない明治時代の2階のお座敷です。
開放的な和の空間で、沙羅の花を楽しむことができます。
また、沙羅の花をイメージした限定スイーツもぜひ!お楽しみに!!
スイーツ情報は追ってお伝えしたいと思います!
 
営業日:2019年6月15日(土)~7月7日(日)まで(火曜定休)
営業時間:11:00~16:00(LO:15:30) 
カフェ・喫茶・売店のみのご利用(入館無料)もできます!受付でお申し出ください。

景色.JPG

2019年6月 2日

【6/29】沙羅の花コサージュワークショップのお知らせ

沙羅コサージュ.jpg
現在、庭園で咲いている沙羅の花。

沙羅の凛とした真っ白な花を模したコサージュを作ります。

裏にピンと留め金2種類がついているのでブローチにも髪飾りとしても使えます。

初夏のさりげない演出に活躍する上品で可愛らしいひと品です。

ぜひ一緒に作りましょう。

日時:6月29日(日)  10:00~15:30

場所:田中本家博物館 喫茶室

定員:先着順。 喫茶室へいらした方から順次お教えいたします。
   午後からの参加をご希望の方はご予約下さい。材料を確保いたします。

参加費:1200円(材料費、講師代含む)

問い合わせ先 田中本家博物館 ☎026-248-8008
              mail info@tanakahonke.org

DSC_0642 (2).JPG

sara itirin.jpg 沙羅の花

2019年6月 1日

江戸時代の食文化を体験しませんか。6月開催、予約受付中!

190330_0026 江戸時代料理.jpg(写真はイメージです)


田中本家に伝わる古文書より江戸時代の料理を再現し、江戸時代の陶磁器、漆器をつかい料理を
体験することができる食事会を開催します。

江戸時代の食生活は魚中心ですが、田中本家の献立は、海産物が豊富に登場してくるのが
特徴です。冷蔵庫や高速道路のない時代に刺身を食べているのには驚きます。
客人をもてなすおもてなし料理のため、日常では食べられない食材が並びます。

器は、いつもは展示館で公開している古伊万里や輪島の蒔絵漆器などを食器として
お使いいただくことができます。美術品を手に取って、しかも食事で使うことができる
このような機会を設けている美術館は、全国でもないと思います。
用の美を楽しんでください。

6月の食事会では、弘化5年6月須坂藩の家臣団をご接待した料理を再現する予定です。
献立については、ただ今料理人と打合せ中です。お楽しみに。

120624_T280_2 (2).jpg
また、今回は特別に、非公開の客殿「清琴閣」のご案内があります。
明治時代に建てられた田中本家の迎賓館です。内装の美しさ、眺めの素晴らしさ、おもてなしする心を形にしたような建物です。一見の価値があります。
保存のため、例年、限られた期間しか公開していませんが、今回は参加者の皆様のために公開いたします。


イベント名【江戸時代料理再現食事会】

期日 令和元年6月15日(土)、19日(水)、20日(木)、27日(木)、30日(日)
   5日間 ※30日は定員に達しました

会費 15,000円(税込 入館料等含む)

人数 1日 10名様限定(予約制)

時間 受付11:30 
   食事11:45~(料理や器の説明をしながら 約80分)
   食後 展覧会と客殿「清琴閣」ご案内


申込方法  電話、メールにてお申込みを受付けております。
      
      電話 026-248-8008
      mail info@tanakahonke.org


皆さまのご参加お待ち申し上げております。
豪商の館 田中本家博物館


2019年4月22日

【5月】令和改元記念 皇室も訪れた客殿 特別公開!

令和改元を記念して5/1~5/6まで、非公開にしている明治時代の建物

客殿「清琴閣」を期間限定で公開します。

この建物は、皇室の高円宮憲仁親王、高円宮妃久子様がご来館されたときには、

おもてなしをした由緒ある田中本家の迎賓館です。


kyakuden soto sitakara.jpg

客殿「清琴閣」は、田中本家を訪れた文人墨客をもてなすために建てられた迎賓館です。

建具には、貴重な銘木が使われ、

室内の設えも素晴らしく襖絵は、有名日本画家が描いた芸術作品です。

また、二階から見下ろす庭の新芽や春の花々の眺めは絶景です。


昨年放送のBS11「フランス人がときめいた日本の美術館」でも

紹介された建物です。

この機会に、ぜひご見学ください。


公開期間 5/1(水)~5/6(月)

客殿見学料 大人1,000円 中高生500円 小学生200円
※建物の維持管理費捻出のため、入館料とは別途、見学料をいただいています。

公開時間 10:00~15:30 
     30分ごとにスタッフがご案内します。
     各回定員 15名


問い合わせ先 田中本家博物館 ☎026-248-8008

2019年3月30日

4/7(日) お客様感謝デー開催!

IMG_8336.jpg

田中本家博物館をご愛顧いただいてる皆様に楽しんでもらうために
今年も屋台や演目をいろいろとご用意しました。

この日は、この画像のチラシを印刷してお持ちいただくと入館料が無料になります。
まだ、博物館へ来たことがないお客様は、是非この機会をご利用ください。

現在はお雛様の展示「ちいさきもの 田中本家の小型ひな」展が開催中です。

当日は、須坂のB級グルメ「みのり焼き」、石窯焼きのパン、クレープなど大人から子供まで
喜んでもらえる屋台がでます。
ヤギの乳から作った手作り石けん、須坂産の新鮮なキノコ、花の苗などの販売もあります。

イベントとしては、35人が奏でる吹奏楽の演奏、バレエダンス、居合道演武などバラエティに
富んでいます。
メインは、
14:30からの須坂のご当地ヒーロー「我竜神スザカイザー」のヒーローショーです。

感謝デーの最後にはお買い物をすると参加できる抽選会もありますよ。

皆さまお誘いあわせの上、是非、遊びにいらして下さい。

2019年2月24日

【募集中】 3月の江戸時代料理再現食事会 【お席残りわずか】

江戸時代料理と器イメージ 解像度(中).jpgのサムネール画像

「江戸時代料理再現食事会」 
田中本家に伝わるの古文書より再現した
江戸時代の料理をお召し上がりいただける食事会です。

定員に達した日程も出てきています。
現在お席に空きがある日程は、
3月16日(土)、17日(日)、21日(木)、30日(土) の4日間となっています。(2/24現在)

日程: 2019年 3月13日(水)、16日(土)、17日(日)、
          21日(木・祝)、24日(日)、27日(水)、30日(土)
定員: 1日 15名様限定(予約制)
会費: 15,000円(税込)
時間: 午前11:00~午後2:00(食事会の流れ 受付→食事→見学→喫茶)
会場: 田中本家博物館 11代当主の主屋(非公開)

お申込み・問い合わせ: 田中本家博物館まで 電話、FAX、メールにて。
                希望日時、人数、名前、住所、電話番号をご連絡ください。

                ℡026-248-8008 Fax026-245-4780
                Mail  info@tanakahonke.org

江戸時代料理再現食事会とは?

豪商田中本家に伝わる古文書「諸客賄方控帳」には
江戸時代にもてなした客人とお出しした料理が記されていました。

山国信州では貴重な海の幸をつかった料理や贅沢品であった卵をつかった料理
など、古文書から江戸時代の料理を再現します。

食事を召し上がっていただく器にもこだわり、
当館所蔵の江戸時代の伊万里焼や輪島漆器など使うことができるのも特徴です。

食事会場は椅子、テーブル席です。
田中本家当主による料理や器についてのご説明を聞きながら
ゆっくりと食事を召し上がっていただきます。
食事の後は展示館のご案内もあります。

毎年、3月と10月に定期的に開催されており、その年、季節によって器・料理の内容も
代わるため、リピーターも多い食事イベントです。


2019年1月20日

ミニ雛づくりワークショップ開催

本日は朝から雪が降り、身も心も震えてしまいましたね(((>_<)))

そんな時におひな様のCMなどを見ると、和みますね。
お手持ちのおひな様を飾ることを思うと、更にほっこり。
そのおひな様がもし自分の手づくりなら、きっと今から春気分!

2019-ミニヒナ.jpg

毎年恒例、布と糸でつくる 雛づくりワークショップ 、
今年は可愛らしい つるし雛 を作ります。

6cm位の男雛と女雛を、赤い糸で上部の棒にまとめています。
上下にお花のチャームが付き、ミニ雛は産着にくるまれたような愛らしい姿♡

製作時間は約1~2時間。参加された方から順次、講師が優しく丁寧に教えます。
必要な道具・材料はこちらでご用意しておりますが、使い慣れた裁縫道具などの
お持ち込みも可能です。
ご予約の必要はありませんが、確実に材料を確保されたい方は、メール・お電話
にて代表者様のお名前・お電話番号・参加人数をご連絡下さい。

【ミニ雛づくりワークショップ】
◎期日:2月17日(日) 受付時間:10:30~15:00
◎参加費:1300円(材料費・講師代込み)
◎連絡先:田中本家博物館
 ☎026-248-8008
 e-mail:info@tanakahonke.org

皆さまのご参加お待ちしております♪

2018年11月 9日

美味しい抹茶と和菓子『秋晴れの茶屋』が開店!

IMG_5820 (4).JPG(2017年撮影)

温かいお抹茶が美味しい季節になりました。

田中本家博物館の日本庭園の紅葉は、いま見頃を迎えています。

庭園の紅葉が眺めながら抹茶を楽しむことができる「秋晴れの茶屋」が期間限定で

開店しました。

茶屋は、普段は開放していない明治時代の2階座敷になります。2階なので少し肌寒くも
ありますが、紅葉を眺めるにはとてもよい環境です。

抹茶に付くお菓子は2種類から選ぶことができます。
macya3.jpg(写真は、おおさかずき)

ひとつは、果肉ようかん「紅霜月」。須坂特産のりんご「ふじ」の果肉がたっぷり入った
ようかんです。
もうひとつは、田中本家オリジナル和菓子「おおさかずき」。あずきの打ち菓子で中には、クルミが入っています。

「秋晴れの茶屋」
料金 1服 800円(抹茶+和菓子)
期間 ~11月18日(日)まで
時間 11:00~16:00
会場は、イス席になっています。茶屋だけのご利用も可能です。


みなさまお誘いあわせのうえ、お越しください。お待ちしております。

2018年11月 5日

体験教室「YOGAと茶道」を開催しました。

11/4 YOGAと茶道の初心者向けの教室「YOGAと茶道」が開催されました。

参加者の皆様は、ヨガで体を整えた後、お抹茶のお点前を体験して、心と体をリフレッシュ
させていました。

会場は、あまり広くないので定員は8名ほどでしたが、参加者の皆様は楽しんでもらえたようです。
当館としてもヨガは、初めてでしたが、当日は気候もよく、庭園を眺めながらのヨガは気持ちが良さそうでした。

DSC_ヨガ.jpg
DSC_茶道.jpg

ヨガや茶道で使用している部屋は、有料ですが貸し出しも行っています。
ご利用をご希望の方は、博物館までご連絡下さい。

田中本家博物館☎026-248-8008 

Page 1 of 7

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー