カテゴリー:イベント

2020年9月 4日

秋の江戸時代料理再現食事会のお知らせ

毎年、春・初夏・秋の恒例イベント、江戸時代料理再現食事会のお知らせです。

2017,10月小.jpg
(お料理はイメージです)

今回の開催日程は、次のとおりとなっております。
なお、この食事会は完全予約制とさせていただいておりますが、
今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通常より定員を少なくし、
感染防止対策をとりながら実施させて頂きます。
また、今後の状況によっては、やむをえず中止の判断をさせていただくこともございます。
何卒ご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

内 容 : 弘化2年11月、須坂藩3人のご家老ご夫妻と菩提寺ご夫妻をお招きした時のお食事を再現します。
田中本家に伝わる江戸時代の輪島塗、蒔絵の京漆器、古伊万里金襴手などの器を使います。
しつらえには、大正時代の日本画家・寺崎広業の掛軸「王昭君」を飾ります。
田中本家所蔵の大幅のなかでも、一番の名画です。
お料理は「鯛づくし」。本物の器と芸術にふれつつ、和食をゆったりとお楽しみください。

期 日 : 令和2年 10月3日(土)→定員に達しました
             4日(日)→定員に達しました
             6日(火)、7日(水)
            22日(木)、26日(月)、28日(水)、29日(木)
時 間 : (受付)11:00~ (当主挨拶)11:30~
      (お食事)11:50~

会 場 : 田中本家博物館 田中本家11代当主の主家座敷(通常非公開)
      ★イステーブル席です
会 費 : お一人様16,000円

定 員 : 一日10名様限定

お申込みは、お電話または、E-Mailでお願い致します。
田中本家博物館 電話 026-248-8008
        E-Mail info@tanakahonke.org

王将君寺崎廣業小2.jpg 寺崎広業「王昭君」

DSC_1038.小jpg.jpg
普段非公開のお座敷に、イス・テーブル席をご用意しています


2020年7月 6日

【7月イベント】好評につき、手描き友禅染め体験 追加開催!

「江戸手描き友禅 寺澤森秋の世界」展関連イベント。

友禅作家 寺澤森秋氏の指導のもと、手描き友禅の大判ハンカチを染めるワークショップです。
寺澤氏の直筆の花の絵に、筆で友禅染の顔料を着色していきます。
初めての方でも、素敵なオリジナル友禅染のハンカチを作ることができます。

友禅体験2.jpg


【日 時】①7月26日(日)
     ②7月27日((月))
【時 間】 9:45受付  10:00スタート  12:00軽食  15:00終了
【定 員】 10名
【参加費】 5000円(税込) 軽食代、入館料込
【会 場】 田中本家博物館
【持ち物】 エプロン、タオル、マスク
【申 込】 田中本家博物館 ☎026-248-8008  Mail info@tanakahonke.org
申込の際は、名前、電話番号、都道府県、参加人数をお伝えください。 

2019年11月10日

お庭の紅葉が見頃です

本日はお天気もよく、おでかけ日和ですね。
着物をお召しのお客様も多くおみかけしました。そんなお出かけにも素敵な季節です。
田中本家博物館の大庭の紅葉が見頃を迎えています。
例年よりも少しゆっくりと色づいてきました。
DSC_1089小.jpg

周囲の山々も色づいて、美しい景色になっています。
DSC_1086小.jpg

さて、お知らせです。
紅葉を見ながら、温かいお抹茶はいかがですか?
二階のお座敷から紅葉を眺めながら楽しむ「紅葉茶席」を開催します。

【日時】
11月13日(水)~24日(日) 11:00~15:30(ラストオーダー)

【メニュー】
お抹茶+和菓子 800円(税込)

お茶席のみのご利用もできます。(入館料はいただきません)
イステーブル席ですので、お気軽にどうぞ。

2019年10月22日

秋の江戸時代料理再現食事会、開催しています

本日はかねてより予定しておりました「秋の江戸時代料理再現食事会」を
開催しました。全7回の日程のうちの4回目となります。

春、初夏、秋に開催している再現食事会ですが、遠方から何度もおいでくださる方、毎回おいでくださる方も
いらっしゃいます。
台風19号の影響が残る中ですが、多くのお客様にお越しいただき、心より感謝申し上げます。

DSC_1029小.jpg
江戸時代再現食事会は、田中本家に伝わる古文書より江戸時代の接待料理を再現したもので、
当時の陶磁器、漆器を実際に使ってお食事を楽しんでいただいております。
毎回テーマが変わり、今回は弘化5年(1848年)に須坂藩に招かれていた陶工・吉向行阿が作る須坂吉向焼の
窯出しを祝って、須坂藩御家老や重役をもてなした際の料理です。

DSC_1038.小jpg.jpg
ちなみにイス、テーブル席なので、座るのがご心配な方もお気軽にどうぞ!

今回のお料理、ほんの一部ですが、ご覧ください。
DSC_1045.小jpg.jpg
お造りは左の小さな器にはいった「煎り酒」で味わいます。
煎り酒は江戸時代中期以降、お醤油が広まるまでよく使われていた調味料だそうで、
日本酒、梅干しなどを煮詰めたものです。これがおいしいんです!

DSC_1050.小jpg.jpg
お椀は開けるのが楽しみですね。秋の景色のよう。

DSC_1048.小jpg.jpg
ぶりの田楽です。焼いた味噌と山椒の香りが食欲をそそります。
菊の花が描かれた鮮やかなお皿も素敵です。

DSC_1051.小jpg.jpg
こちらは「硯蓋」(すずりぶた)とよばれる盛り合わせ料理です。
もともとは本当に硯箱の蓋をお盆のように使ったことから、こう呼ばれるそうです。
写真はお一人分ですが、皆様でおとりわけ頂くお料理です。

まだまだご紹介しきれないお料理がありますが、
実際の食事会は、12代当主がお料理や食器、しつらえなどのお話をしながら、
一品ずつゆっくりと味わっていただけます。
最後になりますが、
毎回お料理を作ってくださるのは、須坂市の老舗割烹 能登忠さんです。

田中本家で守られてきた記録と食器やしつらえの道具たちと、現代の職人さんの手によって
よみがえった江戸時代料理の再現食事会。
これはぜひ、日本の文化として体験していただきたいものです。

秋の会の次は、春。3月中を予定しております。
完全ご予約制になっております。
日程が決まり次第告知をしておりますが、事前に個別のご案内状が欲しい方はお電話かメールでご連絡ください。
(田中本家博物館 電話026-248-8008 メールアドレス info@tanakahonke.org)

2019年9月 1日

江戸時代の食文化を体験してみませんか?【要予約】

食べるだけではなく、触れることも出来る。江戸時代の食文化が体験できる食事会

190330_0026 江戸時代料理.jpg ※画像はイメージです。


江戸時代、田中本家は、商人として須坂藩のお殿様や家来、客人など様々なお客様をもてなしてきました、その際の献立帳のいくつかが現代まで伝えられてきました。
当時の宴席で使われた陶磁器や漆器も数多く残されています。

田中本家博物館では、古文書より江戸時代の料理を再現し、当時の器を使って食す「江戸時代料理再現食事会」という企画を定期的に開催しています。

現在、10月開催の参加者を募集しています。

古文書から江戸時代の料理を再現するだけではなく、食器もお使いいただける企画がたてられるのも、モノを大切に守り伝えてきた田中本家だからこそできるといえます。

食事会当日は、田中本家12代目当主による料理や器についての解説、
食事のあとは、スタッフがついて展覧会のご案内もさせていただきます。

他では体験できない特別な時間を過ごすことができたと
リピーターのお客様も数多くいらっしゃる田中本家博物館でも一番の人気企画です。

是非一度ご参加してみてください。


1.日程  10月6日(日)、10日(木)、16日(水)、22日(火)、27日(日)、29日(火)、31日(木)     

2.料金  1名 15,000円(税込) ※お支払いは当日、現金でのお支払いになります。

3.人数  1日限定 15名(予約制)

4.申込  電話、Eメールにて受付けています。
     お名前、住所、電話番号、参加人数をお伝えください。
     電話 026-248-8008
     Mail info@tanakahonke.org


5.スケジュール  11:00~11:20 受付
        11:30~    当主挨拶
        11:50~    食事
        13:30~    展覧会の案内

食事の写真は御膳ですが、会場はテーブル席です。正座が苦手なお客様も心配いりません。

2019年7月18日

お裁縫教室が始まりました

7月17日(水)に始まった第一回目のお裁縫教室の様子を
レポートさせていただきます♪
2月まで毎月1回ずつお集まりいただき、
つるし雛を完成させます!
(※おかげさまで定員に達しましたので、
    参加受付は終了しております。)

こちらがつるし雛完成形です。
なかなかの大作になりますよ。
DSC_0305小.jpg

turusi2.jpg小.jpg
今から楽しみですね。がんばっていきましょう!

今回は「桃の花」と「とうがらし」のパーツを作りました。
先生のレクチャーを受けてから、制作開始です!
DSC_0749小.JPG

DSC_0751小.jpg

DSC_0748.jpg小.jpg
実際の参加者の方の作品です♪
可愛らしくできました!

会場でできなかった分は、お家で仕上げて来ていただき
また次回は違うパーツを制作します。
完成まで、どうぞよろしくお願いいたします!


2019年6月24日

着物でおでかけ、和カフェ「沙羅」

おかげさまでご好評いただいております、
田中本家博物館で開催中の和カフェ「沙羅」。
眺めのいいお座敷で、沙羅の花を愛でながら
限定スウィーツをお召し上がりいただけます。

素敵な雰囲気の和カフェ
着物でお出かけ、というのはいかがでしょうか。
ぜひおすすめです。
今回はお着物好きなお客様にご協力いただいて、お写真を撮らせていただきました。
DSC_0525.jpg 小.jpg

DSC_0548.jpg 小.jpg

DSC_0561.jpg小.jpg


和カフェ「沙羅」は7月7日(日)まで開催中です。ぜひ期間中におでかけください♪
【火曜日休館ですので、ご注意ください】

DSC_0516.jpg小.jpg

2019年6月17日

和カフェ「沙羅」スイーツ情報

期間限定の和カフェ「沙羅」がオープンしました!
中庭の樹齢230年の沙羅の花も満開を迎えております!

今回は何と言ってもお楽しみの、スイーツ情報をお届けします。
今年は和菓子と洋菓子の2種類、どちらも地元須坂のお菓子屋さんが
カフェ「沙羅」のために趣向を凝らして作ってくださった特別なお菓子です。

まずは、和菓子から コモリ餅店さん特製
冷菓「沙羅」
です。
DSC_0435.jpg 冷菓沙羅.jpg
爽やかなレモン風味のみぞれ羹に、
珍しいラムネ風味の餡が入っています。羊羹で水面に浮かぶ沙羅の花が表現されています。
見た目も涼しげで赤い金魚も可愛らしいですね。

洋菓子は、TEMO.jp atelier shopさん特製
生カップケーキ「沙羅の花」
です。
DSC_0391.カップケーキ沙羅の花小jpg.jpg
シフォンケーキに特製ブレンドの生クリームをたっぷり絞り、
中にはカシスピューレが入っています。
生クリームの上には、オリジナルバタークリームで作った沙羅の花が
あしらわれています。
純白の沙羅にぴったりのケーキですね。

どちらのお菓子もお飲物(ホットorアイス コーヒー、お抹茶)
とのセットのみのご提供で800円(税込)
です。

沙羅の花も大変見頃となっています。
ぜひ、お花を愛でながら心のこもった特別なスイーツを味わいにおいでください。

2019年6月13日

期間限定 和カフェ「沙羅」がオープンします

前回のお庭だよりでご紹介した樹齢230年の沙羅の花が見ごろを迎えています。
小さな愛らしい花を見に来て下さるお客様も増えていますよ。
今回は、沙羅の花の時期に合わせた期間限定のカフェ「沙羅」のご紹介です。

いよいよ6/15(土)より、下記の日程でオープンします。
会場は、普段は公開していない明治時代の2階のお座敷です。
開放的な和の空間で、沙羅の花を楽しむことができます。
また、沙羅の花をイメージした限定スイーツもぜひ!お楽しみに!!
スイーツ情報は追ってお伝えしたいと思います!
 
営業日:2019年6月15日(土)~7月7日(日)まで(火曜定休)
営業時間:11:00~16:00(LO:15:30) 
カフェ・喫茶・売店のみのご利用(入館無料)もできます!受付でお申し出ください。

景色.JPG

2019年6月 2日

【6/29】沙羅の花コサージュワークショップのお知らせ

沙羅コサージュ.jpg
現在、庭園で咲いている沙羅の花。

沙羅の凛とした真っ白な花を模したコサージュを作ります。

裏にピンと留め金2種類がついているのでブローチにも髪飾りとしても使えます。

初夏のさりげない演出に活躍する上品で可愛らしいひと品です。

ぜひ一緒に作りましょう。

日時:6月29日(土)  10:00~15:30

場所:田中本家博物館 喫茶室

定員:先着順。 喫茶室へいらした方から順次お教えいたします。
   午後からの参加をご希望の方はご予約下さい。材料を確保いたします。

参加費:1200円(材料費、講師代含む)

問い合わせ先 田中本家博物館 ☎026-248-8008
              mail info@tanakahonke.org

DSC_0642 (2).JPG

sara itirin.jpg 沙羅の花

Page 1 of 8

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー