カテゴリー:庭園

2019年4月18日

【4/17】 桜 開花状況 満開

IMG_8556.JPG
先日五分咲きだったしだれ桜も満開となりました。
桜は開花するとすぐに満開になりますね。


IMG_8549.JPG

桜の月末まで楽しめそうです。

そのため、4/23~4/26は展示替えで臨時休館日でしたが、
庭園だけの入場を可能にしました。

庭園のみ500円で入館できます。

満開の桜を見逃さないようにお越しください。

2019年4月16日

【4/16 朝】桜 開花状況 満開

暖かい日が続き、桜の開花も進んでいます。
今週末には満開の見頃を迎えそうです。
皆さまどうぞ足をお運びください。
しだれ桜3jpg.jpg
満開です!

DSC_0149.JPG
4分咲き

しだれ2jpg.jpg
8分咲き

しだれ桜4.jpg
1分咲き 

桜アップ.jpg
ぜひ桜を愛でながら、ゆったりとした時間をお楽しみください。

2019年4月14日

【4/13 夕】桜 開花状況

4/13はかなり暖かかったので、開花もかなり進みましたが、それでもしだれ桜によっては
まだ開花してきていない花もあります。

IMG_8534 (2).JPG

IMG_8536.JPG

IMG_8538.JPG

2019年4月 4日

春を待つ花芽の様子♪その3

朝晩は寒の戻りが厳しく、3月下旬の予想よりも桜の開花が遅いようです。

日中はどんどん暖かさを増しており、田中本家の庭でも葉や花の芽が
どんどん膨らんできています♡

門を入った正面の表庭では、白梅(下・左)が満開を迎えています。
190404白梅.JPG 190404紅梅.JPG
紅梅(上・右)も、今にも開きそうo(●´ω`●)oわくわく♪

展示館を出て右の大きな枝垂れ桜(下・左)も蕾が順調にま~るくなっています。
この分だと、4月10日過ぎ頃に開花しそうです。
190404シダレ.JPG 190404シャクヤク.JPG
その足元のシャクヤクも、赤い芽がぐんぐん伸びてきました。

柿の木の足元には、黄色が見え隠れしている水仙(下・左)。
湯殿周辺には、フッキソウ(下・右)が沢山!
190404スイセン.JPG 190404フッキソウ.JPG

大庭(秋の庭)の小さい方の枝垂れ桜(下・左)はこんな感じ(^^)
大池には、3月29日に錦鯉(下・右)が17匹も仲間入りしました!
190404シダレ2.JPG 190329大池.JPG

喫茶から見えるボタンの見頃はゴールデンウィーク頃になりそうです。
190404ボタン.JPG

博物館奥の駐車場脇には、ヨツズミ(下・左)とソノサトキザクラ(黄緑色の桜:下・右)。
190404ヨツズミ.JPG 190404ソノサト.JPG

臥竜公園の桜の様子はこちら↓からご覧いただけます❀
臥竜公園の桜暦

喫茶・ミュージアムショップは、入館しなくても無料でご利用いただけます。
お庭のみのご見学は、500円になります。
受付でお気軽にお申し出ください。

4月7日(日)のお客様感謝デー と
4月12日(金)・13日(土)・14日(日)の蔵開き中は、
お庭は無料でご覧いただけます(蔵開き中は駐車場料金がかかります)。

2019年3月30日

桜の開花予想 4/8頃

20180407.jpeg

画像は、昨年の4月7日に撮影した当館のしだれ桜です。

長野県の現時点での開花予想は、4/6~4/11頃のようです。

年々桜の開花が早まっていると話題ですが、今年はどうなるでしょうか。


田中本家博物館から歩いてお花見ができる場所としては、
歩いて1分 普願寺の桜並木。
歩いて5分 臥竜公演のソメイヨシノの並木道
がおススメです。

だいたい、東京が満開になってから2週間後くらいがこの辺りは
見頃の時期になるようです。

HPやTwitter、facebook、などで桜の開花状況も発信していきます。
こちらもぜひご覧ください。

2019年3月18日

春を待つ花芽の様子♪その2

昼間は薄~い上着でも出歩けるようになってきました┐(^-^*)Г

2月に続き、花芽報告その2です✿(2月の様子はこちら

博物館の門の内側の表庭(春の庭)では、例年よりも早めに白梅が咲き始めました。
190318ハクバイ.JPG 190318ハクバイ2.JPG
日当たりの良い上の方から、ぽつりぽつりと咲いています。

花梅(紅梅)はもう少し先のようですが、その足元では福寿草が満開です。
190318ハナウメ.JPG 190318フクジュソウ.JPG
福寿草の周囲の綱は、庭の管理をする営繕さんの手仕事。
同じ太さできっちり編まれた綱・・・職人技ですね!
「見栄えよくしなきゃな。今はインスタ映えって言うのか」との事です♪
樹木を守るのが本当の役割。根を踏まれる「踏圧」(とうあつ)を防いでいますので、
見かけたら内側には入らないように気を付けましょう☆

通年青々している大王松(ダイオウショウ:下左)も、心なしか気持ち良さそう。
大王松は、展示館を出たすぐ先、湯殿の手前に生えています。
190318ダイオウショウ.JPG 190318フッキソウ.JPG
湯殿の先では、フッキソウが開花の準備中(上右)。

大庭(秋の庭)に行くと、田中本家博物館では一番最後に咲く枝垂れ桜が池の奥左に
あり、ふきのとうの上で桜のつぼみがふくらみ始めています。
190318フキノトウ.JPG 190318シダレザクラ.JPG
この枝垂れ桜が咲く(4月中旬~下旬)と、現在は下左のような蔵の小路が、下右のようになります。
190318クラノコミチ.JPG DSC_0766.JPG

中庭(夏の庭)のニシキギ(下左)は、花より秋の紅葉が綺麗ですが、
葉が出る前だと特徴的な枝の翼(よく)がよく分かります。
すずらんのような可憐な小さな花を咲かせるドウダンツツジ(下右)の花芽も膨らみかけ。
190318ニシキギ.JPG 190318ドウダンツツジ.JPG

喫茶龍潜からよ~く見ると、ヒマラヤユキノシタが潜伏中(笑)
190318ヒマラヤユキノシタ.JPG 190318オオデマリ.JPG
花瓶に挿したオオデマリ(下右:本体は大駐車場)は、もう芽吹く寸前。

田中本家の庭でも一段と華やかな牡丹の蕾も、例年より早く大きくなってきています。
190318ボタン.JPG
10連休中にはきっと赤い見事な花を咲かせてくれることでしょう(≧v≦●)

今回ご紹介した花芽は、例年4~5月に咲くものばかりです(桜は4月中旬頃)。
今年の10連休には、ぜひ当博物館で数々の花をお楽しみください。

喫茶・ミュージアムショップは、入館しなくても無料でご利用いただけます。
お庭のみのご見学は、500円になります。
受付でお気軽にお申し出ください。

4月7日(日)のお客様感謝デー と
4月12日(金)・13日(土)・14日(日)の蔵開き中は、
お庭は無料でご覧いただけます(蔵開き中は駐車場料金がかかります)。

2019年2月21日

春を待つ花芽の様子♪

今日は明るい日が差し、春のような暖かさですね✿

東京などでは梅や菜の花が咲いているという、
長野県民にはとてもうらやましいニュースも聞こえてきます(∩_∩)

桜の開花時期のお問合せが増えてきましたので、
ちょっと早いですが田中本家の庭の様子をご紹介しますね!
例年より少し早めの開花だった昨年は、
こんな感じ(2018年4月のブログに飛びます) でした。

まずは、博物館裏手の駐車場のソノサトキザクラ(左・黄緑色の花が咲きます)。
見頃は例年4月下旬頃。
20190221sonosato.JPG 20190221hasuikemon2.JPG
蓮池門のハス(右)は、毎年あまり花はつけませんが葉を涼しげに茂らせてくれます。
今は、「春かな?どうかな?」と様子を伺っている感じ。
一見何もいませんが、よく見ると葉の下や泥の中を小魚が10匹ほど泳いでいます<・)))><<

博物館入口からは、蕾がふくらみ始めた梅が見えます。
20190221hakubai.JPG 20190221koubai.JPG
例年、4月上旬頃に白梅(左)→紅梅(右)の順に咲きます。

今日はいつもより早めの春の音が・・・
それは、瓦からの がらがら、がしゃん という、落雪(落氷?)の音なのです;
危険な箇所にはロープを張っていますが、展示館出口などは頭上に気を付けてお通り下さい。
20190221rakusetu2.JPG 20190221rakusetu.JPG

展示館を出ると、とっても綺麗な青空が広がっていました。
20190221deguti.JPG 20190221syakuyaku.JPG
出口右手のシャクヤク(画面下に刈り取り跡が見えます)は、まだ冬籠り中。
これが、5月下旬頃(昨年の様子)には
IMG_6658 シャクヤク2.JPG
こうなるのですから、植物ってすごいですね!

シャクヤクの更に右にあるしだれ桜は、まだ 枝 という感じでしょうか。
20190221sidare.JPG
例年4月中旬頃から咲きますが、昨年は10日頃には館内4本のしだれ桜が全て満開に。
今年ももしかすると少し早いかも?

毎年桜まつりを行う臥竜公園だけでなく、田中本家博物館の隣の普願寺さんも、
実は桜の名スポット。
臥竜公園の桜の様子は3月末からウェブ上で毎日更新されます。
臥竜公園の桜暦 2019/04

臥龍公園、普願寺、田中本家博物館、と桜の名所3か所を一気に回れる日が、
今から楽しみですね♪

2019年1月17日

冬のお庭にカモが飛来

毎日、朝晩は冷え込むものの、昼間は日が出て寒さが
すこ~しだけ緩み、気持ちも暖かくなりますね!

中庭(夏の庭)の水場は、夜の間に凍っては昼間溶けるの繰り返しで、
水面左側が盛り上がってきています。見えるかな?
中庭水場.JPG

田中本家博物館の大庭(秋の庭)にも、例年通りカルガモが
飛来して池を泳ぎ回っています。
他にも、ヒヨドリが代わる代わる飛び込んで水浴びしたり、
サギが鯉を狙っていたり。。。
寒くても、野鳥たちは元気に活動中のようです♪
カモ.JPG

冬は紅葉もお花も無い分、鳥の観察には丁度良い季節。
野鳥ですので姿が見えないこともありますが、お庭のみ500円でお入り頂く
こともできますので、お気軽に受付にお申し出下さいね。

体が冷えたら、売店奥の喫茶で暖かいコーヒーは如何でしょう?
売店・喫茶は無料でお入りいただけます。
喫茶の詳細はコチラ☆

2018年11月16日

本日の紅葉

紅葉の季節もあとわずかとなってきました。

IMG_0100紅葉とうろう.jpg モミジと灯篭

IMG_0098紅葉たき.jpg
庭の奥には滝がかかっています

IMG_0097紅葉オオニワ.jpg自然石で組まれた石灯籠は見事です。

IMG_0095紅葉中庭.jpg
ドウダンツツジが人気です。

IMG_0093紅葉にしきぎ.jpg 錦木の紅葉がつくばいのアクセントになっています。

11月18日(日)まで、明治時代の2階から紅葉の庭園を眺めながら、抹茶が楽しめる「秋晴れの茶屋」が開かれています。ご来館のおりは、ぜひお立ち寄りください。

2018年11月 7日

本日の紅葉

11月に入り、田中本家博物館の庭園も色づいてきました。

IMG_7728.JPG

IMG_7731.JPG

IMG_7741.JPG

240年前に作庭された庭園では、ドウダンツツジやモミジの紅葉がご覧いただけます。

木々は老木が多く、気候の変化など様々な理由で枯れてきています。何とか現状維持し残していきたいと思っていますが、当館には庭園に手をいれられるだけの余裕がありません。

田中本家博物館では、庭園・建物修繕の寄付を募っております。
☎026-248-8008 までお問合せ下さい。

Page 1 of 10

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー