2020年6月 3日

新型コロナの現状とご寄付のお願い

平素より田中本家博物館をご利用いただきありがとうございます。

このたびの、新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方々に心よりお悔みを申し上げますとともに、罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げます。

当館は、6月1日より短縮営業という形ですが、営業を再開いたしました。

新型コロナウイルスによる当館の現状をお話しさせていただくと、

コロナウイルスの感染の拡大が始まった3月から入館者が落ち込み始め、
3月は前年の半分、4月は前年の2割まで落ち込みました。
5月は休業要請等もあり、ほとんど休館していたため、
入館者はごくわずかです。

当館は、観光施設でもあるため、団体旅行も多いのですが、
4月以降キャンセルが相次ぎ、年内の団体旅行は、ほぼ全てなくなってしまいました。

新型コロナウイルスの性質上、観光事業の回復はかなり遅くなるのでは
と言われています。2021年開催予定だった善光寺御開帳も延期され、
観光の回復の見通しはたっていません。


文化施設というと県や市など行政が運営していると思われている方も
いるかもしれませんが、

田中本家博物館は個人が運営する私立の博物館です。

行政や企業等からの援助はなく、
当館を訪れたお客様からいただく入館料収入によって運営されています。

昨年、長野県を襲った台風による観光被害に続き、
新型コロナウイルス被害と、
収入源である入館料収入がなくなり、経営が継続していけるかどうか
という瀬戸際に立たされています。

コロナ禍のニュースの中で、歴史的な建物の旅館などが閉店する
報道をいくつも見ました。
創業や易く守成は難し。古いものを遺すことの難しさは
痛いほどよくわかるので、こちらも心苦しくなりました。

この新型コロナウイルスという姿の見えない敵を克服するのは
並大抵のことではありませんが、何とかこの危機をのりこえるため
努力してまいります。応援よろしくお願い致します。


【寄付のお願い】

現在、公益財団法人 田中本家博物館では当施設を運営していくための
ご寄付を募っています。

公益財団法人は、寄付を募ることができ、寄付された金額は、確定申告の際に
寄付控除を受けることができます。

ご寄付は、日本庭園の維持管理、建物の修繕、博物館の活動のために
使わせていただきます。


寄付は、1口 5,000円~ です。

寄付控除をご希望のされる方は領収書を発行いたしますので、博物館までメールでご連絡下さい。 田中本家博物館Mail  info@tanakahonke.org

寄付受付口座
八十二銀行 須坂支店(ハチジュウニギンコウスザカシテン)
普通口座 608980
口座名: 公益財団法人田中本家博物館


今後は、クラウドファウンディングの活用など
もっと全国の方達とつながり、
多くの人々と一緒に日本の文化を遺していける方法を模索していきたい
と思います。

ご支援よろしくお願い致します。


公益財団法人 田中本家博物館
館長 田中新十郎


News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー