2019年3月18日

春を待つ花芽の様子♪その2

昼間は薄~い上着でも出歩けるようになってきました┐(^-^*)Г

2月に続き、花芽報告その2です✿(2月の様子はこちら

博物館の門の内側の表庭(春の庭)では、例年よりも早めに白梅が咲き始めました。
190318ハクバイ.JPG 190318ハクバイ2.JPG
日当たりの良い上の方から、ぽつりぽつりと咲いています。

花梅(紅梅)はもう少し先のようですが、その足元では福寿草が満開です。
190318ハナウメ.JPG 190318フクジュソウ.JPG
福寿草の周囲の綱は、庭の管理をする営繕さんの手仕事。
同じ太さできっちり編まれた綱・・・職人技ですね!
「見栄えよくしなきゃな。今はインスタ映えって言うのか」との事です♪
樹木を守るのが本当の役割。根を踏まれる「踏圧」(とうあつ)を防いでいますので、
見かけたら内側には入らないように気を付けましょう☆

通年青々している大王松(ダイオウショウ:下左)も、心なしか気持ち良さそう。
大王松は、展示館を出たすぐ先、湯殿の手前に生えています。
190318ダイオウショウ.JPG 190318フッキソウ.JPG
湯殿の先では、フッキソウが開花の準備中(上右)。

大庭(秋の庭)に行くと、田中本家博物館では一番最後に咲く枝垂れ桜が池の奥左に
あり、ふきのとうの上で桜のつぼみがふくらみ始めています。
190318フキノトウ.JPG 190318シダレザクラ.JPG
この枝垂れ桜が咲く(4月中旬~下旬)と、現在は下左のような蔵の小路が、下右のようになります。
190318クラノコミチ.JPG DSC_0766.JPG

中庭(夏の庭)のニシキギ(下左)は、花より秋の紅葉が綺麗ですが、
葉が出る前だと特徴的な枝の翼(よく)がよく分かります。
すずらんのような可憐な小さな花を咲かせるドウダンツツジ(下右)の花芽も膨らみかけ。
190318ニシキギ.JPG 190318ドウダンツツジ.JPG

喫茶龍潜からよ~く見ると、ヒマラヤユキノシタが潜伏中(笑)
190318ヒマラヤユキノシタ.JPG 190318オオデマリ.JPG
花瓶に挿したオオデマリ(下右:本体は大駐車場)は、もう芽吹く寸前。

田中本家の庭でも一段と華やかな牡丹の蕾も、例年より早く大きくなってきています。
190318ボタン.JPG
10連休中にはきっと赤い見事な花を咲かせてくれることでしょう(≧v≦●)

今回ご紹介した花芽は、例年4~5月に咲くものばかりです(桜は4月中旬頃)。
今年の10連休には、ぜひ当博物館で数々の花をお楽しみください。

喫茶・ミュージアムショップは、入館しなくても無料でご利用いただけます。
お庭のみのご見学は、500円になります。
受付でお気軽にお申し出ください。

4月7日(日)のお客様感謝デー と
4月12日(金)・13日(土)・14日(日)の蔵開き中は、
お庭は無料でご覧いただけます(蔵開き中は駐車場料金がかかります)。

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー