2019年2月21日

春を待つ花芽の様子♪

今日は明るい日が差し、春のような暖かさですね✿

東京などでは梅や菜の花が咲いているという、
長野県民にはとてもうらやましいニュースも聞こえてきます(∩_∩)

桜の開花時期のお問合せが増えてきましたので、
ちょっと早いですが田中本家の庭の様子をご紹介しますね!
例年より少し早めの開花だった昨年は、
こんな感じ(2018年4月のブログに飛びます) でした。

まずは、博物館裏手の駐車場のソノサトキザクラ(左・黄緑色の花が咲きます)。
見頃は例年4月下旬頃。
20190221sonosato.JPG 20190221hasuikemon2.JPG
蓮池門のハス(右)は、毎年あまり花はつけませんが葉を涼しげに茂らせてくれます。
今は、「春かな?どうかな?」と様子を伺っている感じ。
一見何もいませんが、よく見ると葉の下や泥の中を小魚が10匹ほど泳いでいます<・)))><<

博物館入口からは、蕾がふくらみ始めた梅が見えます。
20190221hakubai.JPG 20190221koubai.JPG
例年、4月上旬頃に白梅(左)→紅梅(右)の順に咲きます。

今日はいつもより早めの春の音が・・・
それは、瓦からの がらがら、がしゃん という、落雪(落氷?)の音なのです;
危険な箇所にはロープを張っていますが、展示館出口などは頭上に気を付けてお通り下さい。
20190221rakusetu2.JPG 20190221rakusetu.JPG

展示館を出ると、とっても綺麗な青空が広がっていました。
20190221deguti.JPG 20190221syakuyaku.JPG
出口右手のシャクヤク(画面下に刈り取り跡が見えます)は、まだ冬籠り中。
これが、5月下旬頃(昨年の様子)には
IMG_6658 シャクヤク2.JPG
こうなるのですから、植物ってすごいですね!

シャクヤクの更に右にあるしだれ桜は、まだ 枝 という感じでしょうか。
20190221sidare.JPG
例年4月中旬頃から咲きますが、昨年は10日頃には館内4本のしだれ桜が全て満開に。
今年ももしかすると少し早いかも?

毎年桜まつりを行う臥竜公園だけでなく、田中本家博物館の隣の普願寺さんも、
実は桜の名スポット。
臥竜公園の桜の様子は3月末からウェブ上で毎日更新されます。
臥竜公園の桜暦 2019/04

臥龍公園、普願寺、田中本家博物館、と桜の名所3か所を一気に回れる日が、
今から楽しみですね♪

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー