2019年2月16日

お雛様の展示が始まりました!

「ちいさきもの 田中本家の小型ひな」展が始まりました。

今回のテーマは小ささ。

ひな人形の語源にもなっている「ひいな」は、小さくかわいらしいもの

という意味があります。

明治 芥子雛五人囃子.jpegこの五人囃子何センチだと思いますか?

普段、大きな雛人形に隠れてしまっている小さなひな人形、
ひな道具を主役にしました。

お人形は、小さいですが、お顔、着ている衣裳、道具の細かいところ
まで作り込まれ、よくできています。

人形師からすると小さいお人形の方が作るのは難しく、今回飾られている
ような10㎝みたないようなひな人形は作れる職人もほとんどいないそうです。

明治 ひな道具.jpeg大きく見えますが、かなり小さいです。

ひな人形の大きさは、時代によって違うのも特徴です。
江戸時代と明治時代など、ひな人形の大きさを比べられるコーナーもあります。
こうした展示が作れるのも、田中本家には、江戸~昭和までの各時代のひな人形が伝えられてきたからです。

今回の会期は少し長くて4/22まで。
1人でも多くのお客様にご覧いただければと思います。

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー