2016年7月24日

山の日制定記念 「山萌ゆ 山水画の世界」 企画展紹介

田中本家博物館では、初めての山をテーマにした企画展です。
水墨富士 右.jpg 寺崎広業「水墨富士」
今年から8月11日が「山の日」として制定され祝日になりました。
近年の登山人口の増加から祝日になりましたが、日本は山に囲まれた国
ということもあり、山は日本画の画題として昔からよく描かれてきました。

IMG_3173.JPG
本展では、江戸時代から大正時代頃までの、山を題材とした掛軸、屏風から厳選した
16作品を展示しています。
江戸時代の哲学的で抽象的な山の描き方から、明治~大正時代の山の美しさをとらえようとする写実的な描き方に変わっていきます。時代をおってみていくことで日本画家達の意識の変化がわかると思います。

IMG_3169.JPG
その中でも富士山を描いた作品は、約半分の7作品を占め、日本画家にとっても「富士山」
という題材がいかに大事であったか良く分かります。
富士山がお好きな方には、日本画家の想い描くそれぞれの富士を楽しんでほしいですね。

会期: 7月22日(金)~9月12日(月)
休館日: 毎週火曜日 ただし、8月中は無休です。

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー