2020年3月16日

本日は一転、雪景色。

IMG_9978.JPG
IMG_9980.JPG
IMG_9987.jpg

先日の春らしい陽気から一変、今日は朝から雪が降りました。
2~3日すれば溶けてしまう春の雪だと思います。

皆様も健康にはお気を付けください。ご来館お待ちしております。

2020年3月14日

早い春をむかえています。

DSC_0214.JPG
今年の白梅は例年よりも三週も早く開花しました。
DSC_0215.JPG
福寿草は、春の訪れを真っ先に教えてくれます。
DSC_0216.JPG
DSC_0218 (2).JPG

田中本家博物館では、庭園を手入れするためのご寄付を募っています。
昨年の台風19号やコロナウイルスの被害で収入が落ち込み、庭園を整備する余裕がありません。
江戸時代からの庭園の四季を今後も皆様に楽しんでいただけるように維持管理してまいります。
ご協力よろしくお願い致します。

寄付金: 1口 5千円~

【寄付受付口座】
八十二銀行(ハチジュウニギンコウ)
須坂(スザカ)支店
口座番号 普通:608980
口座名:公益財団法人田中本家博物館
    (コウエキザイダンホウジンタナカホンケハクブツカン)


公益財団への寄付は、所得控除を受けることができます。
ご希望の方には、領収書を発行いたします。
メールにてご連絡下さい。

件名は 寄付申込 として お名前、ご住所、電話番号、寄付金額をご連絡ください。
寄付控除に必要な、領収書をお送りいたします。

メールアドレス: info@tanakahonke.org

お問合せ:田中本家博物館 026-248-8008

2020年3月12日

【コロナでキャンセル多数のため、参加者募集中】 江戸時代ひな祭り料理の再現食事会

歴史を食事で体験!

190330_0026 江戸時代料理.jpg ※画像はイメージです。

歴史は、本を読んだり、史跡を訪ねる以外にも食事を味わうこと知ることもできます。
田中本家博物館では、所蔵の古文書に登場する江戸時代の料理を再現し食べることで、
当時の文化を体験できる食事会「江戸時代料理再現食事会」を開催しています。

3月のテーマは、「ひな祭り」です。
今から200年ほど前、田中本家5代目当主が、初孫の初節句のときにお客様をもてなした
お祝いの料理をご用意します。
料理だけではなく器も田中本家に伝わる本江戸時代の伊万里焼や漆器をお使いいただけます。

食事会当日は、田中本家12代目当主による料理や食材、器についての解説、
食事のあとは、スタッフがついて展覧会のご案内もさせていただきます。

食事会は、限られた日数の開催のため、事前の予約が必要です。

今回は、コロナウイルスの影響で、3月に入ってからもキャンセルが相次ぎ、
当館も、この料理を調理して下さる料亭も困っています。

下記日程は、どの日もお席の空きがございます。
食材をご用意する都合上、2~3日までまでにはご予約をお願い致します。

他では体験できないとお客様にもとても好評で、リピーターも多いイベントです。
是非一度ご参加してみてください。


1.日程  14日(土)、18日(水)、20日(金)、21日(土)、24日(火)     

2.料金  1名 16,000円(税込) ※お支払いは当日、現金でのお支払いになります。

3.人数  1日限定 15名(予約制)

4.申込  電話、Eメールにて受付けています。
     お名前、住所、電話番号、参加人数をお伝えください。
     電話 026-248-8008
     Mail info@tanakahonke.org


5.スケジュール  11:00~11:20 受付
        11:30~    当主挨拶
        11:50~    食事
        13:30~    展覧会の案内

食事の写真は御膳ですが、会場はテーブル席です。正座が苦手なお客様も心配いりません。

2020年3月11日

「高校生仏師たいがのミホトケ展」3/29(日)まで。3/14ギャラリートークあり。

今回は、特別企画展として大人顔負けの仏像を製作する高校生
宮沢汰佳(みやざわたいが)君の作品展を開催します。

3歳で仏像に魅了され、5歳のころから粘土で仏像を創るようになったそうです。
今まで生み出した仏像の数は300体にものぼります。
たいが君の作りだす仏像の造形や喜怒哀楽の表情には、仏像への愛があふれています。

長野県ではすでに知られる存在で、地元テレビ局で取上げられたり、善光寺の宿坊で
個展を開いたりしています。
また昨年は、全国放送の「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」にも
高校生仏師として紹介されました。

この度は、田中本家博物館で個展を開く機会をいただきました。
会期中には、たいが君が仏像の解説をするギャラリートークもあります。
これからますます進化を遂げる高校生仏師たいがのミホトケ展

ぜひお楽しみに。


【タイトル】 高校生仏師 たいがのミホトケ展
【会  期】 2020年2月15日(土)~3月29日(日)
【開館時間】 2月:10時~15時30分、 3月:10時~16時30分
【入館料】  大人900円 高校生以下無料
【会  場】 田中本家博物館 企画室

 仏師たいがギャラリートーク
【日 時】① 2月15日(土) 14時 
     ② 3月14日(土) 14時
【会 場】 田中本家博物館 ミホトケ展会場


同時開催 豪商田中本家のひな祭り展

76756940_603024703798593_6940788053665382400_n.jpg

80666882_2814814375243591_5430465754669514752_n.jpg

81630147_467392153970734_559904937572564992_n.jpg


 

2020年2月28日

3月は開館しています。皆様のご来館お待ちしています。

新型コロナウイルスについての政府発表を受けて、美術館・博物館の休館の
発表が相次いでいますが、

田中本家博物館は、3月も通常通り開館しています。

コロナウイルスの影響を考慮し、少し開館時間を短くさせていただきます。
【平日】10:00~15:30
【休日・祝日】 10:00~16:00
【定休日】 毎週火曜日

スタッフ一同コロナウイルスへの予防を怠らず皆様のご来館をお待ちしております。
長野県へ観光をお考えの方はぜひお立ち寄りください。


ここからは、当館の現状についてお話しさせてください。

2月に、コロナウイルスの感染が発表され、それからは目立ってお客様が減りました。
平日では、入館者数が一桁の日も珍しくありません。
3月に来館予定があった個人や団体旅行もキャンセルや減員が相次いでいるのが現状です。

政府発表を受けても、簡単に休館はできない理由があります。
当館は行政や企業が運営している博物館ではないからです。
個人運営の博物館のため、支援してくれる母体はありません。
皆様からいただく入館料が最大の収入源なのです。
そのため、休館することは、収入がなくなってしまうということなのです。

昨年の台風被害に続き、今年のコロナウイルスと、長野県の観光被害は深刻です。
このままでは、当館も十数名に及ぶスタッフを守っていけるのかどうか、
状況はひっ迫してきています。

当館としても、この現状を乗り越えられるよう努力して参ります。
ぜひ、ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

田中本家博物館。


建物・庭園修復のための寄付受付 http://www.tanakahonke.org/news/2020/01/19.php
ミュージアムショップ通信販売 http://www.tanakahonke.org/shop/

2020年2月26日

新型コロナウイルス感染予防について

長野県では、2/25に県内で初のコロナウイルス感染者が
確認されたと発表がありました。

当館では、来館者の皆様に安心して、ご見学していただくためには、
ウイルスに感染しない体調づくりが大事だと考え、
スタッフの手洗い、うがいを徹底し、体調管理に気をづけるようにしています。

博物館受付・喫茶入り口にはアルコールティッシュを設置していますので、
入館の際にはご利用ください。

スタッフは、予防措置としてマスクを着用して接客している場合があります。
ご理解いただければと思います。


長野県の観光は、昨年の台風19号被害に続き、コロナウイルス感染と
当館も含め、大きな観光被害を被っています。

マスクやアルコール消毒液など購入は困難な状況ですが、出来る限りの対応をして
お客様をお迎えさていただきます。
みなさまのご開館心よりお待ち申し上げております。


田中本家博物館


2020年1月27日

「豪商 田中本家のひな祭り」 2/15(土)~3/30(月)

豪商 田中本家に伝わるひな人形を公開する毎年恒例の特別展です。

子供は今も昔も生き物にとって宝物です。

ひな祭りは、子供の健康と成長を願うお祝い、こうした子供を祝う節句行事は
田中本家にとって特に大事にされていたようです。

田中本家には江戸から昭和までの女児の初節句に飾られたひな人形が数多く
伝えられています。雛人形をしまう専用の土蔵 通称「ひな土蔵」があるほど大切に
されてきました。

毎年、2月~3月はこの蔵を開放し、
江戸時代の享保雛、明治時代の豪華な七壇飾り、大正時代の小型雛、昭和時代の壇飾りなど
代々の雛人形をお披露目します。

雛壇.jpg

2020年1月16日

Tanakahonke Museum is the only museum in Japan where you can experience many facets of Japanese culture all at once.

There are 2.5 acres of museum grounds with
20 storehouses. Five storehouses
have been renovated into an exhibition hall
so that you can experience Japanese culture.
There are about 30,000 items including 8,000 Ceramics,
3,000 pieces of Lacquerware, 1,500 Kimono,
800 Ukiyoe paintings, 300 Dolls, 100 ceremonial wedding
outfits, as well as Folding screens, ,Japanese paintings,
Japanese Swords,etc.

俯瞰図.jpg

The exhibition hall
館内.jpg
Dining scene in a lord's reception hall 

EPSN0005.jpg
Ceramics Display Corner

DSC_3326.JPG
Wedding Outfits

国芳 浮世絵1.JPG
Ukiyo-e Paintings Display Corner

22220200118143453_00001 (2).jpg 2220200118152450_00001.jpg
Lacquerware 

20200116171223_00001.jpg
Imariyaki Porcelain

刀.jpg
Japanese Sword

書画.jpg
Japanese Calligraphy

14まま事人形.jpg2.jpg
Dress Up Dolls


2020年1月15日

台風19号の被害とご寄付のお願い

台風19号によって被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

田中本家博物館においては、幸いにも営業ができなくなるほどの被害ではありませんでしたが、

屋敷の周囲を囲む江戸時代からの土蔵が、10m以上にわたって壊れる
被害にあいました。

IMG_9454.JPG

台風による雨量はかなりのものだったようで、雨水を含んで重たくなった漆喰が、土壁から離れ、剥離してしまいました。

周囲の土蔵は、国の有形登録文化財の指定も受けている貴重な建物です。
これ以上、被害を拡大させないためにも直さなければいけません。

多くの方がご存じないのですが、有形登録文化財に、国からの援助は一切ありません。自分で修復費用をつくりだし、直さなければいけません。


しかし、この台風19号による被害は観光にも及びました。

交通被害、風評被害によって当館の10月の入館者数は、前年度の半分以下となってしまいました。11月現在も同様の状況です。

行政や企業が運営母体ではなく、個人で運営している当館にとっては、
入館料収入が一番の財源となっています。

観光シーズンではなくなる冬場を前にして、この台風被害は、
土蔵の修繕費を捻出するどころか、
博物館の経営自体を困難な状況へと追い込んでしまいました。


この記事を読んでくださった皆様、どうか土蔵を修繕するための寄付をいただけないでしょうか。

 寄付金: 1口 5千円~

公益財団への寄付は、所得控除を受けることができます。
ご希望の方には、領収書を発行いたしますので、ご活用ください。

皆様からいただきましたご寄付は適正に使用いたします。
修繕のご報告はHP等でさせていただきます。


【寄付受付口座】
八十二銀行(ハチジュウニギンコウ)
須坂(スザカ)支店
口座番号 普通:608980
口座名:公益財団法人田中本家博物館
    (コウエキザイダンホウジンタナカホンケハクブツカン)


所得控除をご希望される方は、メールにて、件名を 寄付申込 として 
お名前、ご住所、電話番号、寄付金額をご連絡ください。
寄付控除に必要な、領収書をお送りいたします。

メールアドレス: info@tanakahonke.org


【お問合せ】田中本家博物館 電話026-248-8008
      〒382-0085 長野県須坂市穀町476番地


2019年12月31日

2019年は感謝の年になりました(年末のご挨拶)

今年も残すところあとわずかとなりました。

元号が令和にかわり、新しい時代の幕開けという期待の中、起こった

台風19号の襲来。

地元である須坂市、長野市が洪水による被害をうけ、初めて身近で大きな災害を経験しました。

当館も台風の激しい風雨による土蔵の壁の崩落や、台風に起因する観光客減少によって大きな被害をうけました。


初めての事態に困惑する中、ご心配のお電話や、SNSで当館の被害を知った方からも励ましのお言葉をたくさんいただきました。

心配して、わざわざ当館を訪ねてくださった方、
土蔵の修復のためのご寄付を申し出てくださった方、
通信販売で商品をたくさんご注文くださった方など

改めて、多くのお客様に支えられていること、その温情に気づかされました。

皆様のおかげで、年を越すことができます。

本当にありがとうございます。


これからも古き良き日本文化を守り伝え、それを活用し、みなさまに良い思い出づくりができる施設を目指して参ります。

Page 1 of 45

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー