2017年10月14日

【食べる歴史体験 歴食】 参加者募集! 江戸時代の料理を再現した食事会

江戸料理イメージ 7夜.jpg(写真はイメージ)

食のタイムスリップ。昔の人が食べていた食事を再現した歴食を食べることができる食事会。

田中本家博物館では毎年、3月と10月に開催しています。現在、参加者募集中です。

豪商田中本家がお客様をもてなした料理を当時の古文書から再現。
当館の再現のすごいところは、味の再現だけではありません。当時使用していた陶磁器、漆器も
お使いいただくことができるのです。

今回は、弘化4年(1845)の接待古文書より、須坂藩ご家老の奥方をご接待したときの料理を再現
いたします。

山国信州でありながら海の幸を豊富とりいれた料理を中心に、貴重品であった卵をつかった料理、
縁起を担いだもてなし料理がならびます。


食事や器の解説を聞きながら1時間弱ほどかけた食事会です。食後には企画展のご案内もあります。
半日 田中本家博物館でゆっくりお過ごしください。

期日  H29年 10月15日(日)、18日(水)、21日(土)、24日(火)、
          27日(金)、29日(日)、31日(火)

会費  お一人様 15,000円(税込)

人数  1日限定 15名様(要予約)

対象年齢  高校生以上

会場  昭和時代の主家 イス・テーブル

時間  受付/11:00  当主挨拶/11:20~ 食事/11:50
     食後 展示館をご案内。

申込み方法  電話、Eメールにてお申込み受付中
          ☎  026-248-8008
          Mail  info@tanakahonke.org

2017年10月14日

10月・11月は無休で開館しています。

kodomonokuni tirasi.jpg

現在は、大正時代のこどもにまつわる色々なものを展示しています。
大正時代の子供雑誌「コドモクニ」
大正モダンあふれる当時の子供のファッション
レトロなブリキやセルロイド、木のおもちゃなどなど。

※秋の特別企画展のため入館料が通常と変わり、大人900円になっています。

館内の展示も撮影がOKとなっています。

団体旅行のお客様にはご予約いただければ、館内のご案内もさせていただきます。

12月からは火曜日が定休日となります。

2017年10月 7日

FREE-WIFI使えます!

wifi使えます.png白瓜モンスター「シロウリボウ」

田中本家博物館では、観光でいらしたお客様が

くつろぎながら、地域の情報を検索してもらえるように、
喫茶室で無料WiFiが使えるようにしています。

喫茶室の各テーブルにパスワードが設置
されていますので、入力してお使いください。

2017年9月30日

#田中本家を投稿して10月からの新プレゼントをゲットしよう。SNSキャンペーン実施中!

facebookロゴ.pngtwitterロゴ.jpginstagram_ロゴ.jpg

田中本家博物館では、日本庭園、建物、そして現在の展示は、作品の写真撮影も可能にしています。

facebook、Twitter、InstagramなどのSNSに#田中本家をつけて当館の写真を投稿ください。投稿いただいたお客様には、プレゼントをさせていただいています。

ミュージアムショップにて、投稿した画面を見せてください。

10月からはプレゼントも新しくなりました。
おもちゃのコーナーで人気!明治時代の「世界英雄番付」のレプリカポスターをプレゼント
数に限りがありますのでお早めに!
全世界英雄番付200 スキャニングデータ  トリミング  mini.jpg「世界英雄番付」

☆田中本家博物館 公式Twitter https://twitter.com/tanakahonke
         公式facebook https://www.facebook.com/tanakahonke/
         公式Instagram tanakafamilymuseum (豪商の館 田中本家博物館)

2017年9月30日

萩の花がお出迎え

IMG_5572 (2).JPG
田中本家博物館 大駐車場から入り口の門へ向かう途中の
萩の花が見ごろを迎えています。

咲き終わると全て綺麗に刈ってしまうのですが、
一年たつとここまで見事に成長してくれます。

DSC_2002 (2).JPG

2017年9月29日

いい香り~ キンモクセイ!

IMG_5568 (2).JPG

展示館を出るといい香りがしてきます。

「キンモクセイ」が、今、満開なんです。

展示館をでて靴をはいたら、左を見てください。
オレンジ色の花をたくさんつけたキンモクセイに気づくと思います。

樹齢はどれくらいなのでしょうか、とても大きな樹です。
香りは、裏庭だけでなく、中庭まで届くほどです。

写真では香りをお伝えできないのが残念です。
こればかりは、ご来館いただかないとお伝えできないですね。

ご来館の際は、この芳しい香りを感じてください。

IMG_5571 (2).JPG

2017年9月17日

特別企画展「コドモノクニ ~童画 ファッション おもちゃ~」はじまりました

9/15(金)より新しい企画展になりました。

今回は、大正11年に創刊された「コドモノクニ」という児童雑誌がテーマです。
コドモノクニ.JPG「創刊1月号」

この雑誌は、当時の一流芸術家達が結集して作り上げたすごい絵雑誌です。
絵画、文学、音楽の優れた才能を集めて作り上げられた内容は、現代のアーティストまで
影響を与えています。

田中本家博物館には、当時の「コドモノクニ」がわずかですが残っていました。

今回は、当館所蔵の「コドモノクニ」全て展示しています。コピーしたものも含め「コドモノクニ」のデザイン性に富んだ表紙やすばらしい誌面をできるだけご覧いただけるようにしています。
DSC_0044.JPG

「コドモノクニ」の誌面を楽しんでもらいながら、大正時代の子供達が着用した洋服、おもちゃなどを展示公開しています。館内の撮影もOKです。
コドモノクニざしき.JPG

大正時代は、子供が主役になってきた時代でした。子供のための雑誌、洋服、玩具が生まれた時代
です。しかし子供が使うものはなかなか残らないものです。しかも鑑賞できる状態のものとなるとどうでしょう。

大正時代の児童雑誌「コドモノクニ」の中からでてきたようなファッションやおもちゃもご覧いただけます。
ぜひ、大正時代に花ひらいた子供文化をご覧ください。


※特別展のため入館料が通常と変わり、大人900円になります。

2017年9月 1日

【天国の青】ヘブンリーブルーの朝顔が見頃です

7月~8月の雨の影響で開花が遅れていた
ヘブンリーブルーの朝顔がようやく見頃の時期を迎えました。

IMG_5419.JPG

日に日に、咲く花の数も増えていっています。
IMG_5420.JPG

本日、ご来館のお客様も「きれいだね~」とため息をつきながら
その場にたたずまい、ゆっくり眺めていました。
IMG_5421.JPG

2017年9月 1日

【10/7】日本初!移動式パイプオルガンコンサート 開催!

10月7日(土) 午後6:00~7:00

移動式パイプオルガンによる
      「風の音」の夕べ コンサート

組立パイプオルガン.jpg


今年の田中本家の音楽の夕べは、ドイツのシュトゥットガルト国立音楽大学でパイプオルガンを学び、帰国後、パイプオルガン演奏活動と大学准教授としても活動している

パイプオルガニスト 紙屋 信義 様

をお迎えします。

パイプオルガンは風を送って音を出すため、その音は 「風の音」 と呼ばれるそうです。
素敵な表現ですね(^v^)
日本初! 移動式パイプオルガンの「風の音」をお楽しみ下さい。
屋外のイス席でお聞きいただきますので、暖かい服装でお越しください。

コンサート参加者は、秋の特別展(大人1名900円)を半額(450円)でご覧いただけます♪
詳細と紙屋様のプロフィールは、下記をご覧ください。

『日本初 移動式パイプオルガンコンサート』
〇日時 : 平成29年10月7日(土) 午後6:00~7:00
      ☆受付 : 午後5:30~ (博物館は最終入館午後4:30、閉館5:00)
〇場所 : 田中本家博物館 明治の母屋「いろりの間」及び表庭
〇曲目 : 「J.S.バッハのトッカータ」、「アルビノーニのアダージョ」、「上を向いて歩こう」、
       「川の流れのように」、「ふるさと」ほか
〇料金 : 2,000円
〇定員 : 60名(要予約)     
★お申込み・お問合せ★ 豪商の館 田中本家博物館 
〒382-0085 長野県須坂市穀町476
TEL: 026-248-8008   FAX: 026-245-4780 
E-mail: info@tanakahonke.org 


演奏者プロフィール
紙屋信義(Nobuyoshi KAMIYA)
紙屋さん.jpg
パイプオルガニスト。ドイツ・シュトゥットガルト国立音楽大学で教会音楽とパイプオルガンを専攻し卒業。帰国後、オルガン演奏活動と音楽教育の研究を行う。著書「風の音に惹かれて」、ソロCD「トッカータとフーガ」「大フーガ」、オムニバスCD「カノン×カノン」「アヴェ・マリア」「G線上のアリア」をリリース。現在、東海学院大学准教授。レパートリーは、クラシックからポップス、童謡、演歌まで幅広い。

2017年8月11日

「なついろ」展。注目の展示物!

ぜひ来たら探してみてください。


金魚だま (2).JPG
金魚玉:
江戸時代にはビニール袋がなかったので、ガラスでできた金魚玉に金魚を入れ持ち帰っていました。
買った金魚をビニール袋で持ち帰るより金魚玉に入れて持ち帰った方が、なんとも趣がありますよね。
風鈴と同じような感覚で軒下に吊るせて、棚や机などの上にも置けそう。様々な楽しみ方が出来そうですね。


うちわ置き.JPG
団扇置き(写真左):
田中本家では、お客様に団扇をお出しする時に、団扇置きというお盆に
団扇をおいてお渡ししました。団扇を手にとったとき、さりげなく見える蝶がとても可愛らしく、涼しげです。当時のお客様の驚き喜ぶ姿が想像できますね。

Page 1 of 33

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー