2019年10月22日

秋の江戸時代料理再現食事会、開催しています

本日はかねてより予定しておりました「秋の江戸時代料理再現食事会」を
開催しました。全7回の日程のうちの4回目となります。

春、初夏、秋に開催している再現食事会ですが、遠方から何度もおいでくださる方、毎回おいでくださる方も
いらっしゃいます。
台風19号の影響が残る中ですが、多くのお客様にお越しいただき、心より感謝申し上げます。

DSC_1029小.jpg
江戸時代再現食事会は、田中本家に伝わる古文書より江戸時代の接待料理を再現したもので、
当時の陶磁器、漆器を実際に使ってお食事を楽しんでいただいております。
毎回テーマが変わり、今回は弘化5年(1848年)に須坂藩に招かれていた陶工・吉向行阿が作る須坂吉向焼の
窯出しを祝って、須坂藩御家老や重役をもてなした際の料理です。

DSC_1038.小jpg.jpg
ちなみにイス、テーブル席なので、座るのがご心配な方もお気軽にどうぞ!

今回のお料理、ほんの一部ですが、ご覧ください。
DSC_1045.小jpg.jpg
お造りは左の小さな器にはいった「煎り酒」で味わいます。
煎り酒は江戸時代中期以降、お醤油が広まるまでよく使われていた調味料だそうで、
日本酒、梅干しなどを煮詰めたものです。これがおいしいんです!

DSC_1050.小jpg.jpg
お椀は開けるのが楽しみですね。秋の景色のよう。

DSC_1048.小jpg.jpg
ぶりの田楽です。焼いた味噌と山椒の香りが食欲をそそります。
菊の花が描かれた鮮やかなお皿も素敵です。

DSC_1051.小jpg.jpg
こちらは「硯蓋」(すずりぶた)とよばれる盛り合わせ料理です。
もともとは本当に硯箱の蓋をお盆のように使ったことから、こう呼ばれるそうです。
写真はお一人分ですが、皆様でおとりわけ頂くお料理です。

まだまだご紹介しきれないお料理がありますが、
実際の食事会は、12代当主がお料理や食器、しつらえなどのお話をしながら、
一品ずつゆっくりと味わっていただけます。
最後になりますが、
毎回お料理を作ってくださるのは、須坂市の老舗割烹 能登忠さんです。

田中本家で守られてきた記録と食器やしつらえの道具たちと、現代の職人さんの手によって
よみがえった江戸時代料理の再現食事会。
これはぜひ、日本の文化として体験していただきたいものです。

秋の会の次は、春。3月中を予定しております。
完全ご予約制になっております。
日程が決まり次第告知をしておりますが、事前に個別のご案内状が欲しい方はお電話かメールでご連絡ください。
(田中本家博物館 電話026-248-8008 メールアドレス info@tanakahonke.org)

2019年10月20日

10/27(日) 特別メニュー「重ね煮ランチ」のお知らせ(要予約)

重ね煮という調理法を知っていますか?

素材を一定の順序で層のように重ね、ゆっくり煮ることで
野菜がもっている自然の「うまみ」を引き出す調理法です。

野菜がそれぞれにもつ要素が、お互いに影響し合いうまみを引き出してくれます。
砂糖や化学調味料を使っていないのに、驚くほど美味しい野菜料理ができます。
たっぷり野菜(自然)をいただくことで、体、心、人の内側から健康にしてくれる料理です。

須坂市は健康長寿をかかげ、健康づくりで地域を活性化しようしている都市です。

今回は、特別メニューとして、重ね煮ランチをご提供することで、
須坂市内外の人達に、重ね煮という調理法を広く知ってもらうと企画するものです。

子供から大人まで、野菜が好きな人も苦手な人も、ぜひ召し上がってみてください。

【重ね煮ランチ】
・開催日 10月27日(日) 11:00~14:00

・内容:重ね煮風コロッケ、ご飯、惣菜、スープ、デザート

・料金  1食 1300円税込(重ね煮ランチのお客様にはドリンク半額。入館割引券付)
    
・定員  15食限定

・お問合せ、予約 ☎ 026-248-8008 田中本家博物館まで
         ✉ info@tanakahonke.org

IMG_0248  小.jpg


2019年10月20日

台風19号から1週間、須坂の観光スポット紹介。

台風19号から1週間。

台風19号の影響は、各地で観光にも大きな打撃を与えています。
田中本家博物館や須坂の蔵の町並みは、ほとんど被害もなく
観光していただくことができます。

例えば須坂の蔵の町並みの観光スポットでいえば、
須坂クラシック美術館では11月12日(火)まで「『江戸小紋の技と心』 ~伊勢型紙と藍田染工の染め~」展開催中。趣きあふれる明治時代の製糸家の邸宅の中で、日本画家 岡信孝氏の日本画作品や、着物の展示が楽しめます。
 
笠鉾会館ドリームホールは無料の観光施設ですが、
須坂の夏を彩る祇園祭の山車「笠鉾」11基、屋台4台を展示しています。
ライトアップされた赤い笠鉾は勇壮で見事です。

旧小田切家住宅は長野県宝に指定された建物です。
明治時代に須坂の製糸業発展に大きな功績を残した小田切辰之助の邸宅が見学できます。
雰囲気の良いお座敷などで、コーヒーやお茶を楽しめるのもポイント!
企画展やイベントも多数開催しています。

須坂の観光、見どころ、魅力、とてもこれだけでは語りつくせません。
観光でのご支援も大きな力となります。

田中本家博物館では、特別展「田中本家のおしゃれ展」を開催中のほか、
11月にかけて下記のイベントを予定しております。
ぜひ周辺の観光と併せて、お出かけいただけますと幸いです。

11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝)10:00~15:30
明治時代の客殿「清琴閣」(せいきんかく)特別公開

田中本家の特別なお客様をお迎えした客殿を期間限定の特別公開します。
日本画が描かれた襖や障子、2階から眺める日本庭園、銘木を使った床の間など
見どころを12代当主や学芸員がご案内します。

客殿観覧料 1,000円(入館料別)

11月10日(日)~11月18日(月)11:00~16:00
秋晴れの茶屋
普段は非公開の二階のお座敷で期間限定の茶屋を開店します。
見晴しのよいお席で、お抹茶やお菓子をお楽しみください。(詳しいメニューは決まり次第お知らせいたします!)

田中本家の庭の紅葉も、少しずつ色づいてきましたが、今年はやはり台風の被害に思いをはせます。私たちも元気を出してやらねば、と思います。
各地で被災されている方、被災地のお手伝いをされている方、くれぐれも体にはお気をつけください。

2019年10月15日

北陸新幹線について【10/15現在の時刻表】

北陸新幹線は、現在、台風19号の被害のため、本数を減らしての運行となっています。
座席も指定はできず、自由席のみとなっています。
北陸新幹線を利用して長野県へのご旅行をご計画のお客様は、余裕をもってお越しになってください。

下記に10/15発表の北陸新幹線の時刻表を貼っておきます。クリックしていただくと拡大されます。
ご参考にしてください。

下り 東京ー長野
20191015下り 東京ー長野.jpg

上り 長野ー東京
2019上り 長野ー東京.jpg

2019年10月14日

本日より営業を再開いたしました。須坂市内の交通について。

台風19号による千曲川の氾濫が
テレビの報道で大きく取り上げられているため、須坂市全域に水害が及んでいると誤解をあたえてしまっていますが、ご安心ください。そのようなことはありません。博物館まで、車でも、電車でも来ることができます。


10/14現在の交通についてわかる範囲でまとめておきますので、
ご参考にしてください。

道路について:
須坂市内については、水害によって一部地域に交通規制がありますが、主要道路は問題なく通行できます。

高速道路について:
【上信越自動車道】
①須坂長野東インターチェンジはご利用いただけます。
②小布施スマートインターチェンジは、水害のため使用できません。復旧までしばらくかかりそうです。

電車について:
【北陸新幹線】 
長野~東京間は、臨時列車が出ています。
列車が水没してしまったため、しばらくの間、限られた本数での運行になるようです。下記に、本日の臨時列車の時刻表の画像をはっておきますが、運行予定についてはJRに要確認ください。

【長野電鉄】
須坂~長野は、通常通り運行しています。

バスについて:
【長電バス】須坂市内は、10/14は運休となっています。

市内散策について:
須坂駅から当館までの道路は全く水害の影響はうけていません。
蔵の町並みの散策や商店でのお買い物も楽しむことができます。


千曲川の氾濫による被災地域の様子や交通情報、県内の状況などは
須坂市のケーブルテレビ局Goolightのfacebookページが詳しいのでこちらも
ご覧下さい。https://www.facebook.com/goolight.co.jp


 臨時列車1014.jpg

2019年10月13日

台風19号による影響について

台風19号により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

田中本家博物館のある須坂市は、テレビで報道されているとおり、
千曲川が氾濫し、相之島とよばれる地域が水没してしまいました。

須坂市内はこの地域をのぞけば、台風による被害はそれほどみられません。
交通もすでに復旧しています。

田中本家博物館については、
庭園のモミジの老木が倒壊し、落ち葉がまって庭は荒れ放題ですが、
博物館の建物には幸い影響がなかったため、10/13(日)は点検のためお休みを
いただきましたが、10/14より営業を再開します。


こうした災害が起こるたびに、庭園、建物、所蔵品の被害がでなかったことは本当に幸運だったと思います。ただ、近年の異常気象よる災害の頻度をみると、これから少なくなることはなさそうです。

当館の施設は広く、古い建物や庭園もありますが、個人運営の博物館のため入館料
収入しかなく、被災した場合の修復する費用のもとになる財源がありません。
現在、田中本家博物館では、建物、庭園の維持管理のための寄付金を募っています。日本の文化を守るために、みなさまのお力をお貸しいただければ幸いです。

下記「ご寄付のお願い」画像をさわっていただくと拡大いたします。印刷してご覧ください。

20191013寄付画像.jpg

2019年9月26日

お庭だより ヘブンリーブルーが咲いています!

ただいま田中本家博物館のお庭では、
ヘブンリーブルー(西洋朝顔)が咲いています。
今年の夏の暑さは朝顔にとっても厳しかったようで、例年より遅い開花となりましたが、
ようやく涼しくなって、この頃はきれいに花を咲かせています。
DSC_0965m.jpg
ヘブンリーブルーは、毎年初秋の頃が見頃になります。朝だけでなく日中も咲いているんです。
秋の空に爽やかなブルーが映えます。

DSC_0973m.jpg
写真撮影にもおすすめです。

DSC_0978m.jpg
10月でもまだまだ咲きそうな様子です。ぜひご覧くださいね!

2019年9月20日

9/21・22・23「秋も須坂で蔵開き」と駐車場について。

2019アキクラ表.jpg

9月21日(土)、22日(日)、23日(月)の3日間は
須坂市の遠藤酒造場による日本酒のお祭り「秋も須坂で蔵開き」が開催されます。

田中本家博物館もこのイベントに協力しており、この3日間は、
当館の駐車場を「秋も須坂で蔵開き」に開放しています。
イベントに参加される方もお使いになるので、時間帯によっては、
駐車場が混雑してご不便をおかけすることもあるかと思います。
大変申し訳ございません。

田中本家博物館から、イベント会場まではあるいて10分もかからないので、
当館を見学した後、気軽に行ってみてください。
お酒の大試飲会や限定酒の販売、飲食ブースやダンスなど催しものもあります。

遠藤酒造は、明治創業の須坂では唯一の造り酒屋です。
須坂の地酒をこの機会に味わってみてください。

2019アキクラ裏.jpg


2019年9月13日

特別展「田中本家のおしゃれ展」が始まりました!

9月13日(金)~12月9日(月)の会期で
特別展「田中本家のおしゃれ」展を開催中です。

今回は、田中本家に伝わる着物や洋服、服飾関連の小物など
おしゃれの楽しさをめいっぱい楽しんでいただく展示になっております。
主な構成は、
①江戸時代の花嫁衣裳(打掛)と式服
②明治、大正時代の式服
③ロマンあふれる大正時代の着物
④大正・昭和の花嫁衣裳(打掛・振袖)
⑤昭和モダンな着物や洋服
⑥大正時代から昭和初期の子どもの着物や洋服

DSC_0883小.jpg
刺繍が美しい江戸時代の打掛です。

DSC_0884.小jpg.jpg
格調ある式服の展示。明治から大正時代への移り変わりです。

DSC_0928小.jpg
大正時代の着物。一見、シンプルな縞の着物ですが、実は桜の花びらが舞っています。
細部もぜひご覧ください。

DSC_0932.小jpg.jpg
モダンテイストな女の子の着物。英語風の文字もあしらわれています。
奥は、ロマンティックな薔薇模様の子ども用の和傘です。こんな素敵なものがあったとは!

DSC_0947.小jpg.jpg
昭和初期の洋服です。
夏物から秋冬物まで、これまでに展示される機会の少なかったものも登場しています。
モダンガールの装い、参考にしてみては?

DSC_0950.小jpg.jpg
それぞれに展示されている小物たちもおしゃれを彩る脇役として見逃せませんね。

DSC_0954jpg小.jpg
花嫁衣裳は、江戸時代のほかに、大正時代と昭和時代のものが展示中です。
華やかな衣裳に、一人の女性の人生の大きな節目であったということを感じさせてくれます。

DSC_0961小.jpg
最後に可愛らしい子どもの洋服、着物のコーナーをつくりました。
大正時代生まれの田中千よふさん、太郎さん、姉弟のかわいい写真とともに・・・

DSC_0963小.jpg

もりだくさんの「田中本家のおしゃれ展」
これから深まる秋に、ぜひ足をお運びください。
お待ちしております!


2019年9月 8日

シャインマスカット、ナガノパープルの通販のお知らせ

田中本家博物館のある須坂市は、果樹栽培が盛んで、その中でも
ブドウが有名です。近年人気なのが、シャインマスカットやナガノパープルと
いった皮ごと食べられるブドウです。
須坂のブドウは東京の有名果物店、デパートに数多く出荷されています。
今回は、豪商田中本家博物館が自信をもっておすすめできる果樹園さんから
大粒で甘味のたっぷりのった本場の美味しいブドウをお届けいたします。

商品内容、価格は、この後のお知らせをご覧ください。

◎お支払い方法は、【代引】または、【コンビニ決済】からお選びいただけます。
※代引き手数料、振込手数料はお客様のご負担になります。

◎送料は、県外800円 県内600円 
※北海道、沖縄など送料が高くなる地域もございます。お問合せ下さい。


ご注文、お問合せは、電話 026-248-8008 Email info@tanakahonke.org まで。

ご注文の際は、

①お客様のお名前、住所、電話番号、
②送り先、
③商品内容、
④お届け日(時間指定もあれば)
⑤お支払い方法(代引き、またはコンビニ決済)

を教えて下さい。

皆様のご注文お待ちしております。

20190908102701_00001.jpg

20190908102721_00001.jpg

(食品のため、お客様のご都合による返品、交換はご容赦ください)
10月からはシャインマスカットの店頭での販売も予定しております。

Page 1 of 44

News&Topics 田中本家からのお知らせ

月別に見る

ブログ記事検索

田中本家の四季ギャラリー