田中本家博物館は、敷地面積約3000坪の中に3つの庭と2つの花壇があります。田中家では、昔から春の庭、夏の庭、秋の庭といって、その季節季節を楽しんで参りました。
四季折々に変化する花々は、博物館を訪れる方々にいつも喜ばれており、その代表的場面を一部紹介いたします。

画像をクリックしますと、大きな画像でみられます

  1. 梅の花 最初に春を告げる梅花は紅梅、白梅、花梅の3種類があり、3月中旬~4月中旬が見頃です。
  2. しだれ桜 樹齢200年余の老木が屋敷内に3本あり、4月20日ころが見頃となります。白のしだれ桜が2本、ピンクのしだれ桜が1本です。
  1. 芍薬 赤、白、ピンク、3色の芍薬が大輪の花を咲かせます。開花は5月中旬ごろです。
  2. かるがも 5月中旬に雛が生まれ、かわいらしい姿で大庭と中庭の池を泳ぎ回ります。
  3. 沙羅(夏椿) 樹齢200年を経たこの沙羅の樹は、6月中旬から7月中旬まで白く可憐な花を咲かせます。毎日、中庭の池面に降り注ぎ、一面沙羅の花で埋め尽くされるときもあります。
  4. ヘブンリ-ブルーの朝顔 7月下旬から10月まで咲きます。最盛期(8月中旬)には、毎日1000輪の花を咲かせ、清々(すがすが)しい青が美しい朝顔です。別名 天上の青とも言い曽野綾子さんの小説の題名にもなっています。
  1. 秋の庭 200年前に作庭された、約500坪の池泉回遊式日本庭園に、ひときわ美しく紅葉するもみじは、「おおさかずき」といいます。例年11月の第1週~2週目が見頃です。松の緑、しだれ桜や銀杏の黄色(10月下旬)も豊かな色調で庭を彩ります。
  1. 冬の庭 雪吊りをした松、雪の積もった冬景色、土蔵、屋敷と織りなすコントラストは冬ならではの情緒をかもし出します。雪の下では福寿草や蕗など春の訪れを待っています。

田中本家の四季

2017年の企画展一覧

2017年1月7日~2017年2月5日

新春企画展「干支そろえ 酉」

[終了しました]

2017年2月9日~2017年4月2日

「おんなの節句 田中本家の雛人形ときものと」

[終了しました]

2017年4月7日~2017年7月10日

「直虎」須坂の殿様と田中本家

[終了しました]

2017年7月14日~2017年9月11日

「なついろ」涼をとらえる感性

2017年9月15日~2017年12月10日

「コドモノクニ」 玩具と子供服と

過去の企画展

田中本家の四季ギャラリー